ブログ

ブログ

ネガティブな体験が才能をつくる?

From:渡邉愛

「あなたの才能は何ですか?」

と聞かれて、すぐに答えられる人は
どれくらいいらっしゃるでしょうか?

今回は、

才能とは何か?
どのようにしてつくられるのか?

というテーマでお話したいと思います。

「私に才能はありません」

「才能なんて特別な人に
与えられたものなんじゃないですか?」

こんな意見をよく耳にします。

< 才能 >と聞くと
生まれつき備わっているもの、
特別な人にしかないものだと
思っている人が多いかもしれませんね。

確かに生まれつき遺伝子レベルで
持ち合わせた才能もあると思います。

しかし
< 才能 >は全ての人にあります。

多くの人は
「才能を持っていない」のではなく
「才能に気づいていない」だけなのです。

自分では何とも思っていないことが
他の人から見ると素晴らしい才能だと
いうことは多々あります。

自分の才能に気づき認識できると、
才能はどんどん磨かれていきます。

そして、才能にも種類があり
先天的な才能以外に

< 後天的につくられる才能 >

というものもあります。

今回は、この3種類の才能について
お話していきます。

====================
1. 生まれつき備わった遺伝子レベルの才能
2.「好き」という感情から育てられる才能
3. ネガティブな体験からつくられる才能
====================

それでは、ひとつずつお話していきますね。

1. 生まれつき備わった遺伝子レベルの才能

生まれつき備わった才能とは
先天的な能力や資質のことです。

同じ環境で育った兄弟、姉妹でも
得意なことは人それぞれ違いますよね。

特に練習した訳でもないのに

・走るのが速い
・絵を描くのが上手
・暗記が得意

というように、

< 努力せずとも卒なくこなせること >

これが生まれつきの才能です。

大抵の場合、才能と言えば
この先天的に備わった才能を
指すことが多いでしょう。

2.「好き」という感情から育てられる才能

才能は自分で生み出すこともできます。

趣味が高じて仕事になる。

と言うように、好きなことは
誰かに「やりなさい」と言われなくても
進んで取り組み、時間を費やすので
勝手にどんどん上達していきます。

人は「好き」と思うものには
才能があると言われています。

これは冷静に分析すると
「好き」「楽しい」という感情が
快楽となり、時間も忘れるほど没頭して

< 努力感なく才能へと育っていく>

ということではないでしょうか。

3. ネガティブな体験からつくられる才能

これが最も重要で、

< あなたらしさを活かす才能 >

だと、私は思っています。

できれば、ネガティブな体験は
あまりしたくないものですよね。

痛い思いを避けたいと願うのは
ごく自然なことだと思います。

しかし、

ネガティブな体験の中にこそ
あなたの才能が眠っています。

苦しい出来事を乗り越え
その体験から、
私たちは生きる糧を得ます。

こうして身につけたものは
< あなただけが持つ才能 >なんです。

この才能に気づけば、
あなたはより自分らしく、
自然体で生きていけます。

私の才能のひとつに
< 共感力 >があります。

私は幼い頃に
いじめにあったことがあるのですが
「いじめられる痛み」を体験したことで、
その痛みに共感することができます。

痛みがわかるからこそ、相手を理解できる。

この共感力は
人とコミュニケーションをとる上で
とても大切なものとなってきます。

共感力があると、
「この人だったらわかってくれる」
という安心感を与えることができ、
信頼関係が生まれます。

この共感力は、
プライベートでもビジネスでも
大きな< 才能 >として活かされています。

このように、
ネガティブな体験からも
才能はつくられます。

「人生に無駄なことなど何もない」
「人生に間違いなど一つもない」

そういう風に人生を捉えると
苦しかった経験の中からも
素晴らしい「ギフト」を
受け取れるのではないでしょうか。

過去を変えることはできません。
あなたが変えられるのは
「出来事に対する意味付け」だけです。

人生で起きたネガティブな体験を
後悔や痛みを味わうだけで
終わらせて欲しくないと思っています。

もしあなたが、今この瞬間も
過去の出来事が原因で苦しんでいるとしたら

そこから< 才能 >を見つけ出す
まずは、決めてください。

この才能は、やがて貢献となります。

必ずたくさんの人の役に立ち
同じように悩んでいる人を救います。

そして、この才能は
自分自身を幸せにし、成功に導きます。

あなたのネガティブな体験から生まれた
才能は何ですか?

ほかの誰でもない、わたしを生きる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

自分自身、経営者である経験から、同じく経営者であるクライアントの苦悩をビジネス、プライベートの両面から紐解き、解決していく『経営者専属のエグゼクティブコーチ』という顔、

そして『女性である』ということに喜びと誇りを持ち、『女性としての美しい自立』を促す『女性のLifeデザイナー』という2つの顔を持つプロフェッショナルコーチとして活動中。

表立って宣伝、告知をすることなく、その噂は口コミで広がり、紹介に次ぐ紹介でクライアントは後を絶たない。

> 渡邉 愛の記事一覧