ブログ

ブログ

独立する前に『稼ぐ力を持つ』ことの価値と副業のススメ

 

From:佐藤 晋也

 

つい先日、弊社が開催している

『じぶんブランド革命プロジェクト!』

の卒業生から、
独立したとの知らせを受けました。

 

独立

 

卒業生の独立は、もう何人目なのか
それこそ数え切れない人数になりますが、
何度聞いても嬉しい知らせです。

 

彼がプロジェクト期間の2ヶ月に
手にした金額は、約270万円。

 

当時、会社に勤めてましたから、
副業状態で2ヶ月で稼いだ金額です。

 

凄いですね。

 

そして弊社プロジェクトを卒業してからも、
彼は約半年に渡り、弊社の提案する

『じぶんブランド型ビジネス』

を続け、副業として、
毎月約80万円程度を稼ぎ続け、
満を持して、独立に至りました。

 

多くの場合、独立した瞬間から、
お金が入ってこなくなります。

 

しかし彼は本業をこなしながら、完全に

『お金を生み出す』

という力を蓄えて来ました。

 

独立した瞬間から収入と
その『収入を得る力』がある。

 

彼は本当に

『賢い選択をしたな』

と思うのです。

 

独立前の副業のススメ

 

すでにご存知かと思いますが、
今、日本は国を挙げて
副業や兼業を推進しています。

 

これが何を意味するかというと、

『会社に喰わせてもらう時代は終わった』

ということだと思うのです。

 

本業にしろ、副業にしろ、

『自分で収入を生み出す力を持つ』

ということは、もはや日本において
『必須事項』になりつつあると
私は認識しています。

 

そしてこれは、
大きなチャンスだとも思うのです。

 

どんなチャンスかというと、

『会社に勤めながらビジネスに触れられる』

というチャンスです。

 

ビジネスの世界は本当に厳しい!

 

一度でも自分でビジネスをしたことが
ある人には分かると思いますが、
ビジネスの世界は決して甘くはありません。

 

価値がないものは全く売れないし、
お情けでお金を払ってくれる人はいません。

 

難しい

 

本当にシビアな世界です。

 

全ての人がそうとは思いませんが、
今まで会社勤めしか経験が無い方の多くは、

『会社の看板が無い』

というマイナスがどれほどか、
感覚的に分からないのではないかと思います。

 

まぁ~、本当に、大変ですよ ^^;

 

それを自分で体験してみると、
お金をくれている会社に

『どれだけ自分が助けられているのか』

が如実に分かると思います。

 

この

『ビジネスの厳しさ』

に触れられることが、副業をすることの
大きな価値だと思うのです。

 

現実を知ることの大切さ

 

実際に自分でビジネスに取り組むと
自分の『現実力量』が分かります。

 

どれくらい、現実的な力があるか?
これが分かるということが大きいのです。

 

この現実力量を知らずに
いきなり独立に踏み出してしまうと、
突然、収入0ということが起こりえます。

 

しかし会社に勤めながら、
この経験をすることができたなら、
会社で給与をいただきながら、

『自分の力を高めていく』

という選択を取ることができるのです。

 

そしてそれができたなら、
最初にご紹介した卒業生のように、
安心して独立に
踏み出すことができると思うのです。

 

仮に独立しなかったとしても
安定を保ったまま、
経済的な余裕を享受できるでしょう。

 

そして仮にですが、
解雇されるような自体になったとしても、
別段、慌てふためく必要も無いでしょう。

 

政府が主導している限り、
この流れは続くでしょう。

 

仮に政府が主導しなかったとしても、
現在の社会的な流れを考えると、
会社一本の収入で生きていくことは
とんでもなくリスキーでしょう。

 

今、会社に勤められている方は、
本当にチャンスだと思います。

 

今、『会社員』という立場にいるうちに、
ぜひ副業にチャレンジしてみてくださいね。

 

今!がそのチャンスです!

 

あなたにしか、できないことがある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

じぶんブランド革命プロジェクト!

セールスマスタリープログラムDVD

 

 

 

NLPと催眠療法、Wのトレーナー資格を持つ他、世界基準のコーチング資格も有する。

人間の心理に対して深い造詣を持ち、人の感情や行動原理に基づいた独自のストラテジーで株式会社OnLineの屋台骨を支える。

マーケターとして12年、プロフェッショナル・コーチとしては6年の実績を持つが、その全ての期間を会社に属さず個人で渡り歩いてきた『叩き上げの現場の人』。

座右の銘は『神仏を尊び神仏を頼らず』。

いついかなる時でも己を信じ、歩み続けることで、欲しい未来は手に入るのだと、心から信じている。

 

> 佐藤 晋也の記事一覧