ブログ

ブログ

欲しい現実を手にするための、新しい選択とは?

 

From: 渡邉愛

 

人生は選択の連続ですよね。

朝起きてから、寝るまで、
全ての時間で人は選択をし続けています。

例えば起きる時間、
起きてから最初に何をするのか?
誰と会うのか?
どの道で行くのか?
何を食べるのか?

などなど・・・

この小さな選択の連続を日々やっていますよね。

 

そしてその延長で、
どんな仕事に就くのか?
いつ結婚するのか?誰と結婚するのか?

という大きな選択をしているわけです。

ということは、人生は何を選択するか?
で大きく変わってくるんですね。

 

選択の基準というのは
それぞれの価値基準や本質的な事をいうと
セルフイメージによって決まっていくのですが、
(またセルフイメージに関しては、別の機会でお話しますね。)

 

今回は、

「欲しい現実を手にする為には
意識的にどのような選択をすることが必要か?」

ということをお話したいと思います。

 

 

結論からいうと、

自分がこれまでやっていない

《新しい選択》

が必要になってきます。

 

「欲しい」と願うということは、
「今、手にできていない」ということですよね?

言い換えてみると

「今までしてきた選択では実現できなかった」

とも言えるでしょう。

そして、この先も
<いつもと同じ選択>を繰り返していたら
欲しい現実を実現できない可能性が
高くなっていきます。

 

この渡邉愛という人間も、
様々な選択の上に成り立っていて、

 

例えば、わたしの場合は

時間や場所に縛られることなく
自分を活かしきって生きていきたい。

という想いがありました。

 

進学校の高校を卒業して
社会福祉系の大学へ進学したのですが
なんとなく自分の進むべき方向は
「就職することではない」
と思っていました。

 

そして、大学在学中から
接客業のアルバイトを始め

「この仕事なら自分を活かせる」
「ここでならチャンスをつかめる!」

と感覚的に感じ取り、
大学の同級生が就職活動をしていく中
私はいつか自分でも飲食店を持ちたいと思っていたので
就職活動をしない、という選択をし
接客業を続けるという選択をしました。

 

その結果、大学を卒業した後
25歳で飲食店の経営を始め
最終的には、10年間で3店舗まで拡大し
売上も順調に伸び、傍から見ると
うまくいっているように感じられていたかもしれません。

 

ですが、当時のわたしは
店舗に身を置くことが仕事で、
自宅に帰ってからも、
プライベートな時間はほとんどなく、
24時間が仕事。と言うような生活をしていました。

「時間や場所に縛られたくない」
という本当に自分が望んでいた現実とは
正反対の現実を生きていたんですね。

 

大学生の時は、飲食店を経営することが
自分の望む現実を創り出してくれると思っていたのですが
実際にはそうではなく時間に縛られ、
場所に縛られる現実が広がっていたというわけです。

ほどなくして
メンタルトレーナーの仕事を始め
また私は《選択》の岐路に立ったんですね。

このまま飲食店を続けるのか?
それとも、メンタルトレーナーとして活動していくのか?

 

飲食店はうまくいっている
これを手放して、またゼロからスタートすることは
当時の私にとっては不安そのものであり
周囲からも「なんで???」と言われたりもしました。

そんな意見を聞いていると
「そうだよなぁ、ここまで頑張ってきたんだから
続けたほうがいいかもしれないな」
という考えも頭を過ぎったのですが

私が求めているものは
飲食店を経営することではなく
時間や場所に縛られない生活。

この理想を現実にするためには
今までとは違う選択をしなければいけない。
ということは、飲食店を続けることではない。
だって、10年間続けてきた結果、欲しかったものは手に入っていないんだから。

だったら、このメンタルトレーナーとして活動していくことを選択しよう。

 

そして、経営していたお店をすべて手放し
メンタルトレーナーとして独立をし
時間や場所に縛られない
ライフスタイルを確立することができたんですね。

これが、わたしの
<新しい選択>でした。

 

 

 

わたしのように、いきなり
大きな新しい選択をしましょうと言いたいのではありません。

生活の中で、
いつもと違う選択をするということを意識してみて欲しいんです。

そこで何かいつもとは違う景色に出会って、
いつもどおりの選択だと気づかなかったものに気づけたり、

いつもの選択では出会えなかったものに出会ったりと、
変化が起きてくるはずです。

そして、その変化が
自分の欲しい現実を手にする道に
つながっていくのではないかと思います。

いつもと同じ選択は安心する。

いつもと違う選択は不安だったり怖かったりする。
未知の世界だから。

でも、本気で望む人生を生きたいのであれば

安全領域を飛び越えて、新しい選択をして
<怖い方に飛び込む勇気>も時には必要です。

 

 

なんて言いながらも、
わたしも、いつもいつも
新しい選択ができている訳ではありません^^;

「やりたくないな〜、、、」と思う時も、
もちろんあります。

ですが、
「今、自分がどんな選択をしているか?」
ということは意識するようにしています。

そうすると、そこでまた選択ができるから。

是非自分がどういう選択をしているか?
意識して一日を過ごしてみてください。

小さな選択があなたの人生を輝かせます。

 

ほかの誰でもない、わたしを生きる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

自分自身、経営者である経験から、同じく経営者であるクライアントの苦悩をビジネス、プライベートの両面から紐解き、解決していく『経営者専属のエグゼクティブコーチ』という顔、

そして『女性である』ということに喜びと誇りを持ち、『女性としての美しい自立』を促す『女性のLifeデザイナー』という2つの顔を持つプロフェッショナルコーチとして活動中。

表立って宣伝、告知をすることなく、その噂は口コミで広がり、紹介に次ぐ紹介でクライアントは後を絶たない。

> 渡邉 愛の記事一覧