ブログ

ブログ

現実力量における3つの歯車と戦略②

 

From:葉山倖成

 

先日のブログは読んでいただけましたでしょうか?

>>>  http://shiraishikeiji.com/blog/4824/

 

 

現実力量における3つの歯車のうちの1つ

お金と時間を創り出し、コントロールする力

キャピタライズ=資本化力について

お伝えさせていただきましたが

今回も、この資本化について書いていこうと思います。

 

 

====================

あなたの人生には

どれほどの価値があるのでしょう

====================

 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!では

これまでの自分の人生を活かすことで

人や社会に役立っていくということを目指しています。

 

 

つまり、自分の価値を知ることが

このビジネスにおいて必要不可欠なことになります。

 

 

とは言っても、多くの人が

自分の人生に価値なんてない

と思うことでしょう。

 

 

そして、ネガティブな経験が多ければ多いほど

そのように思うこともあるでしょう。

 

 

しかし、果たしてそうなのでしょうか?

 

 

ネガティブな経験とは

価値のない経験なのでしょうか?

 

 

僕は逆だと考えています。

 

 

ネガティブな経験にこそ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

大きな価値が眠っている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こう言い切ってしまうと

ネガティブな経験をしていないから

私の人生には価値がないってこと??

と、受け取られる方もいらっしゃるかもしれませんが

決してそういう意味ではありません。

 

 

あなたがもし、ビジネスにおいて

優秀な実績を上げられている人がいるとしたら

その秘訣を知りたいと思う人はごまんといることでしょう。

 

 

また、あなたが円満な家庭を築かれているとしたら

その秘訣を知りたい夫婦もたくさんいらっしゃることでしょう。

 

 

 

つまり、どんな人生であれ

生きた道程には多くの価値が眠っているということです。

 

 

その価値こそ、人の役に立ち

社会の役に立っていく資源であると

僕は思っているのです。

 

 

だからこそ、じぶんブランド型ビジネスでは

自分のこれまでの人生から価値を見出し

社会へと還元していくことで

感謝されながら対価を得ることができるのです。

 

 

とは言っても、これまでの人生で

ネガティブなことが多かったとしたら

 

「本当に私の体験が人の役に立つのだろうか…」

 

と、疑問を持たれるかもしれません。

 

 

そして、今まさに人生の中で

ネガティブな渦中の時期を過ごしていらっしゃる方は

余計にそう思われるかもしれません。

 

 

僕がこのじぶんブランド型ビジネスを始めた時は

まさに人生どん底の渦中にいました。

 

 

投資事業に失敗し多額の負債を抱え

新たに立ち上げた新規事業も

人間関係のトラブルなどで

わずか3ヶ月で経営破綻となったまさにその時期に

このビジネスを知り、始めた一人です。

 

 

僕は、この自分の失敗経験こそ

人の役に立てるということを

身を以て知ることができたんですね。

 

 

というのも、自分がうまくいっている時

何がうまくいっている要因なのか

明確にすることはとても難しいことです。

 

 

いくつもの要因が重なり合い

自分の望む成果を手にできているので

これがうまくいった要因だ!と

明確にすることは非常に難しく

また、それと同じことをすれば

誰もが同じ成果を創れるかというと

それも人によって変わってきます。

 

 

 

これを明確にできる人というのは

自分以外の人も成果へと導いていける人です。

 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!では

この成功要因というものも明確にする

8つのステップについても学ぶことができます。

 

 

では、うまくいかなかった場合

俗にいう、《 失敗 》には

どのような意味、価値があるのでしょうか?

 

 

 

====================

失敗とは貢献である

====================

 

 

 

僕は常々このように考えています。

 

 

失敗とは貢献である
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

先ほど申し上げた

うまくいっていることは明確化することが難しい

ということに対して

自分が失敗した体験というのは

なぜ失敗したのか?ということを

明確化しやすいと考えています。

 

 

例えば、

独学でビジネスをしてしまった、ですとか

暴飲暴食をしたから体を崩してしまった、ですとか

独りよがりなコミュニケーションを取ったばかり人が離れていった、ですとか

成功要因に比べると、割りかし明確化しやすい側面があります。

 

 

つまり、目の前の人が

自分が失敗した過程と同じ道を歩んでいたとしたら

もしかしたら、この人は自分と同じ経験をするかもしれない

と、予測することもできると思うのです。

 

 

そうすることで、自分と同じ失敗経験をすることなく

求めている成果へと近づくことができる可能性が出てきます。

 

 

自分と同じ失敗をしなくて済む。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

これが失敗とは貢献である

と言える所以でもあります。

 

 

 

僕は、なぜ自分のやったビジネスがうまくいかなかったのか?

なぜどん底まで落ちてしまったのか?

これらの理由をもとに成果が上がらずに苦しんでいたクライアントを

売り上げアップにつなげ、収入を安定させることに

導くことができたのです。

 

 

また、失敗した要因を明確化することができなかったとしても

同じ境遇の人の力になれることがあります。

 

 

いじめれた経験がある人は

その理由こそ分からなかったにしても

いじめられた気持ちは痛いほど分かるでしょう。

 

 

それによって、自分を表現することができない状況にいたとしたら

その気持ちも痛いほど分かるでしょう。

 

 

そんな自分と同じような経験をし

自分の気持ちをわかってくれる人の存在は

どれほどの価値があるでしょうか。

 

 

僕は、頑張って頑張って頑張ってきたのに

自分の思う成果を手にできない人の気持ちが

痛いほどよくわかります。

 

 

いつになったら報われるのか?

自分の何がいけないのか?

人を羨む気持ち

なんであんな奴が!!!と妬む気持ち

寝る前に襲ってくる異様な不安

信じてたのに裏切られた!

頑張ってることをバカバカしく思う気持ち

全て壊れてしまえばいいのに、と思う気持ち

 

 

挙げればキリがありません。

 

 

人は独りであることほど怖いことはないと思います。

 

人を絶望の底に落とすのは《 孤独感 》だと思います。

 

 

そんな人の気持ちに寄り添うことができ

共感できることは、とても大きな価値なのです。

 

 

そして、あなたという人間が

この世に存在しているだけで

実は大きな価値があるのです。

 

 

この自分の価値に気づき

その価値を人や社会に貢献していくことが

このじぶんブランド革命プロジェクト!での

キャピタライズ=資本化に繋がっていくのです。

 

 

そうすることで、時間も必然的に増やすことができてくるのです。

 

 

資本主義社会において

お金と時間は綺麗事を抜きにして必要なものです。

 

 

お金や時間に縛られたくないと

思われるかもしれませんし

僕自身も、それらに縛られる人生にはする気はありません。

 

 

ですが、避けては通れないテーマです。

 

 

縛られたくないのだとしたら

コントロールするしかありません。

 

 

そして、コントロールするためにも

創り出す力が必要となってくるのです。

 

 

この2つを創り出すためにも

その価値を見出していく力が必要となってくるのです。

 

 

それがあなた自身の人生に眠っている

ということを独りでも多くの人に知ってほしいと

心から思っています。

 

 

では、また。

次回は2つ目、相手を理解し受け入れる力

コミュニケーションについて書いていきますね!

 

 

長文最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧