ブログ

ブログ

現実力量における3つの歯車と戦略⑥~自分の人生の舵を握る~

 

From:葉山倖成

 

突然ですが

あなたの人生の舵は誰が握っているでしょうか?

 

 

いきなり、なんのこと??

と、思われたかもしれませんが

この《 人生の舵 》を自分で握っているのか?

それとも、他人が握っているのか?では

人生の質に大きな差が生まれてきます。

 

 

自分で舵を握るというのは

自分の人生を自分でコントロールしている

ということです。

 

 

言葉だけで説明すると

自分の人生で起こること全て

《 自分が引き起こしている 》と思えるか?

 

 

ということです。

 

ん~、文面だけだと

なかなか難しそうなテーマですね。

 

 

誤解のないように伝えておくと

自分で舵を握るとは

決して、自由に生きるということとは違います。

 

 

制約がある中で生きていたとしても

自分で舵を握ることはできます。

 

 

今回は、自分の人生を自分でコントロールするために

何を意識すればいいのか?

また、自分の人生をコントロールするとは

一体どういうことなのか?

ということを書いていこうと思います。

 

 

と、その前に…

Facebookでの《 いいね! 》やシェアなど

本当にありがとうございます。

 

 

いつも励みになっています^^

皆さんの存在が僕たちの財産です!

 

 

では、本題に入っていきます。

 

 

自分が望んでいる人生を歩んでいくためには

自分自身でその現実を創り出していく必要があります。

誰かが、あなたの理想を叶えてくれる訳ではありません。

 

 

《 きっかけ 》を与えてくれる人は

山ほどいるでしょうし

これからも出会い続けていくことでしょう。

 

 

ですが、その《 きっかけ 》をどのように活かすか?

は、自分次第なのです。

 

 

僕はこれまでに色々なセミナーを受けてきたのですが

参加者の中で、たまにこんな方がいらっしゃいます。

 

 

「思ったような成果(または価値)を得られなかった…」

「自分にはちょっと合わないと思った…」

 

という感想を持たれる方です。

 

 

皆さんなら、このような感想を述べられた場合

どのように思われるでしょうか?

 

 

・それは残念だったね、きっと自分に合うものが見つかるよ!

・あるある!自分に合うものを見つけるのはそう簡単じゃないから!

・自分に合わなかったということが分かっただけでも価値があるよ!

 

などなど、反応は様々だと思います。

 

 

確かに、思うものと違ったり

自分の価値観とは合わなかったりすることは

たくさんあると思いますし

自分の価値観を曲げてまで参加する必要があるかというと

それも違うんじゃないかなと思います。

 

 

ですが、同じように価値観が合わなかったり

求めているものと違うと感じた人たちの中で

自分の人生に活かせている人とそうではない人と

明確に別れていきます。

 

 

それが、先ほど申し上げた

人生の舵を誰が握っているのか?というテーマと

繋がっているのです。

 

 

自分で舵を握っている方は

例え自分の求めているものと違っていたとしても

その選択をしたのは自分自身である

ということをまずは理解し受け取ることができています。

 

 

そして、そんな中でも

《 何かないかな? 》と探し始めます。

1つでも2つでもいい、何か今後のヒントになればという視点で

セミナーに参加をし、何かしらの気付きや価値を見出し

日常に活かすことを考えています。

 

 

それとは対照的に、人生の舵を他人が握っている場合

「あーぁ、期待外れだったな…」

「何か他にないかな…」と

自分の意識を外へと向け始めてしまいます。

 

つまり、自分が求めているものを

自ら見い出すのではなく

外から得られるものだと思っているということです。

 

極端にいうと

セミナーが自分の人生を変えてくれる

と思っている、ということです。

 

もっというと、《 受け身 》とも言えるでしょう。

 

 

僕の体験談で話をすると

僕は以前、投資事業に失敗し多額の負債を抱えました。

 

 

あの時、あの話に乗りさえしなければ…

と考えることももちろんあります。

 

僕に話を持ちかけた《 あの人 》に意識を向けている時点では

自分の人生は《 あの人 》によって創られたことになります。

 

ですが、その話に乗ってしまった《 自分 》に意識を向けることができれば

自分の人生は《 自分 》が創り出した結果と受け取ることができます。

 

 

決して、人のせいにするな

ということではありません。

人のせいにしたくなる時もありますし

たまには人のせいにしてもいいと思います。

 

 

ですが、ちゃんと《 自分 》に戻れるかどうか?

が大切なことなんです。

 

 

この社会で生きている以上

人からの影響はあります。

 

 

ご近所付き合い

社内付き合い

同僚・同級生

恋愛関係

夫婦関係

親子関係

 

などなど、人は人と関わらない限り

社会を構築していくことはできません。

 

 

僕たちは、この社会の一部でもありますから

一人で生きていくということは

よほどのことがない限り不可能でしょう。

 

 

僕はこれまでの人生で

一人で生きている人を見たことがありません。

 

 

だからこそ、自分の人生を自分で握ることが

何よりも大切なのではないかと思うのです。

 

 

上司に怒られたからやる気が出ないんです…

 

 

これは完全に自分の感情を上司にコントロールされています。

やる気が出ないのは、上司の問題ではなく

自分自身の問題だ、という意識を持てるかどうかです。

 

 

上司に怒られたらやる気がなくなる気持ちも分かります。

これだけ頑張っているのになんで??

と思う気持ちもあるでしょう。

 

 

ですが、そこで止まらずに

上司によって自分の感情は動いたが

それは自分でそうしていることなんだ。

と、立ち返ることができるかどうかです。

 

 

難しいことかもしれませんが

まずは意識を持つだけでも

変化を感じられるようになっていきますし

その積み重ねが人生の舵へと結びついていきます。

 

 

ぜひ、心がけてみてくださいね!

 

 

そして、、、

 

この自分の人生の舵を握るという本質を

次回は書いていこうと思います。

 

 

あなたは自分の人生をどうするのか?

自分で決めることができているでしょうか?

 

 

自分がやろうとしていることを

誰かに許可を求めていませんか?

 

 

この続きはまた次回!

 

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧