ブログ

ブログ

100%の準備が整っていない時、チャンスは訪れる

 

From:葉山倖成

 

 

自分にとって《 チャンス 》って

どんな時に訪れるのでしょう。

 

「これって、もしかしてチャンスなのかもしれない」

そんな体験は皆さんもあると思います。

 

 

そもそもチャンスとは

自分にとって更に上に行くためのきっかけですよね?

活躍の舞台が広がるとか

昇進のチャンスですとか

出会いのチャンスですとか

人によって、チャンスの捉え方は違うと思いますが

更に自分がよくなっていくためのきっかけである

ということに変わりはないと思うのです。

 

 

では、そのチャンスを掴める人と

そうでない人がいますね。

 

 

せっかくのチャンスを見す見す逃してしまった…

そんな経験もあるかもしれませんね。

 

 

実際に、掴んでみないと

それがチャンスだったのか?なんだったのか?

も、分からないので

まずは掴んでみることが前提なのですが

今日は、掴む人とそうでない人の違いについて

ブログを書いていこうと思います。

 

 

僕はチャンスを遠ざける考え方の1つに

《 準備をする 》ということが挙げられると思います。

 

 

備えあれば憂いなし

 

 

確かに、準備をすることは大切なことです。

災害に備えたり

試験に備えたり

老後に備えたり

プレゼンに備えたり

結婚に備えたり

などなど、準備をすること自体は

大切なことだと思っています。

 

 

ですが、あまりにもその準備に重きを置いてしまい

大切なチャンスを逃しているかもしれない

という側面があることも事実、あると思うのです。

 

 

僕たちは子供の頃から

この《 準備をする 》習慣が身についています。

 

 

宿題をしたり、予習をしたり

持ち物を確認したり、と

あらゆる準備をして翌日に臨む

という教育を受けてきています。

 

 

なので、この準備をすることに関しては

まさに天才的な能力が備わっていることでしょう。

 

 

ですが、その僕たちが培ってきた《 準備習慣 》では

到底太刀打ちできないのが《 チャンス 》だと

僕は感じているんですね。

 

 

なぜかというと、チャンスというのは

いつなんどき自分の元へ訪れるか分かりません。

 

 

明日かもしれないし

今日かもしれない。

 

 

しかも、それがどんなチャンスなのか?

想像することもできません。

 

 

チャンスというのは、そのようなものです。

 

 

まさか!!!このタイミングで!?!?

え??マジ????

 

 

そうやって突然訪れるのが

《 チャンス 》なのです。

 

 

その時に、心の準備が…

今の自分にはまだ早いかも…

いつか来るとは思っていたけど、まだ準備が…

 

 

なんて言っていると

あっという間にそのチャンスは誰かのものになってしまいます。

 

 

あ、そうそう

僕はチャンスというのは

結局誰かが手にしていると思っています。

誰かが手にするまで

そのチャンスというのは人の間を飛び交っているものだと。

もしくは気付かれるまでじっと息を潜めているかもしれない。

 

 

誰にも気付かれないチャンスというのが転がっていて

ビジネスセンスのある人はそれにいち早く気付き

そのチャンスをものにし、ビジネス成功を収めるでしょう。

 

 

これは高度な次元の話ですね^^;

 

 

 

話を戻しましょう。

 

 

チャンスというのは、結局は誰かが手にするもの。

ということは、自分にそのチャンスが巡って来ているとするならば

まだ枠が残っているということ。

 

 

僕はそのように捉えています。

 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!の講師をやらないか?

と白石からオファーをいただいた時

もし、僕が断っていたとしたら

誰かがこのチャンスを掴んでいたでしょう。

 

 

それは僕の知っている人かもしれないし

知らない人かもしれない。

 

 

そこはどうでもいいのですが

結局は誰かがその枠を確保するわけです。

 

 

ですが、僕は僕自身でその枠を確保しました。

 

 

まさに《 チャンス到来 》だったんです。

 

 

では、その時に何かしらの準備ができていたかというと

全く全く全く何1つできていませんでした。

 

 

まさか…

でしたので。

 

オファーをいただいた時も、冗談かと思ったくらいです(笑)

 

 

頭の中では

できるかな?

大丈夫かな?

何すればいいんだろう?

 

そんなことばかりです。

 

 

何の準備もしていないので

そらそうなりますよね。

 

 

ですが、僕はそのチャンスを掴むことができました。

 

 

なぜか?

 

 

簡単です。

 

 

「はい!!」

 

 

と、言っただけです。

 

 

 

は???

 

 

と思われたかもしれませんが

これって非常に大事なことなんです。

 

 

チャンスを掴める人は

「はい=YES」を言える人なんです。

 

 

たったこれだけです。

 

 

「やってみませんか?」

「はい!!!」

 

以上、これでチャンスは掴めます。

 

 

この「はい」を言えるかどうかで

人生は大きく変わっていきます。

 

 

「はい=YES」を出せる人は

多くのチャンスを掴んでいくことができるでしょう。

 

 

中には、失敗することもあるかもしれません。

ですが、YESと言い続けている限り

チャンスを逃すことはありません。

 

 

いつか、大きなチャンスを掴むことでしょう。

 

 

チャンスが来た時に

100%の準備ができている人なんていないんです。

 

 

むしろその逆で

自分にとってはザワザワしたり

居心地が悪かったりするでしょう。

 

だからこそ、チャンスなんです。

 

 

もし、チャンスに向けた準備をしている人がいたとしたら

それはすでにチャンスではなく先見の明があるのです。

 

 

まぁ、僕の言う天才の領域ですね。

 

 

また話が逸れてしまいそうですが

つまり、チャンスというのは

あなたの準備関係なく突然訪れるということです。

 

 

先ほども申し上げたように

え??マジか??ううううう

と、心がザワザワするものです。

 

 

その時に、YESと言えるかどうか?

 

 

口で言うのは簡単ですが

これがなかなか難しいですよね。

 

 

それも十分分かっています。

 

 

ですが、ぜひ、その枠を超えて

YES!!!!!を出して

そのチャンスを掴むトレーニングをしてみてくださいね!

 

 

では、また。

 

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

じぶんブランド革命プロジェクト!

セールスマスタリープログラムDVD

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧