ブログ

ブログ

精神の時代といわれる中、お金の在り方はどう変わるのか?

 

From:葉山倖成

 

 

人はこれから

何に価値を感じお金を使っていくだろうか…

 

 

ここ数年、物質の時代から

精神の時代になったと言われていますが

精神の時代とは一体なんなのでしょう?

 

 

多くの人が目に見える価値ではなく

目に見えない価値を求めていますね。

 

 

Facebookのいいね!や

インスタのフォロワー数などがいい例でしょう。

 

 

これらは承認・共感欲求です。

下手すると中毒になってしまいますし

自分の存在価値がいいね!の数やフォロワーの数と

イコールになってしまう人もいますので

注意は必要なのですが

毎日躍起になって投稿を続けている人は

物質的欲求をSNSで満たしているわけではありません。

 

 

これも1つの精神の時代とも言えるでしょう。

 

 

このように、目には見えない価値というものを

人々が求めているのは誰もが知っていることだと思うのですが

この《 精神の時代 》というのが

具体的にどのようなものなのか?ということについて

僕なりの見解を書いていこうと思います。

 

 

さて、物質の時代から精神の時代と言われていますが

これが一体どういうことなのかというと

物質では満たしきれない《 何か 》が

人々の心の中に生まれた始めた

ということを表しているのだと僕は思います。

 

 

つまり

物では満たされない人間の本質的欲求に

目を向ける時代(とき)が来ているということ。

 

 

そして、目には見えない価値を創り出せる企業や人が

ビジネス的な成功を収めていくということ。

 

 

なぜかというと

これからは【 値段 】のつけようがなかったものに

【 値段 】がつくようになっていくと僕は思っているからです。

 

 

冒頭で書いた

人はこれから

何に価値を感じお金を使っていくだろうか

という話にも繋がってくるのですが

僕はこう考えています。

 

 

人は《 実感や体験にお金を使うようになる 》と。

 

 

例えば、

《 感動 》というものには値段はつけられませんし

どこかのデパートで売っているものでもありません。

 

この《 感動 》という目には見えない

値段のつけようのないものを

お金を払い、体験を通して得るようになるのが

精神の時代だと僕は考えているのです。

 

 

そして、この《 感動 》は人によって価値が違います。

ある人にとっては10万円かもしれない

でもある人にとっては100万円かもしれない。

 

 

それが変な話【 商品 】となってくると

そんな時代へと突入しているんだということ。

 

 

感動に値段をつけるなんて…

と、どこか寂しく思われるかもしれませんが

僕はそれこそが本当の価値なんじゃないかなと思うのです。

 

 

目には見えないものにも価値がある

ということに対して

資本という仕組みが追いついてきたんだと感じるのです。

 

 

そして、資本が追いついてきたからこそ

これまで目には見えなかった価値が見える化され

この社会にまた価値が広がっていくのです。

 

 

商品の在り方が物やサービスという

目に見える形だけでなく

感情的欲求を満たす【 実感や体験 】が主体となってくる

それがこれからのスタンダードになると言っても過言ではない気がします。

 

 

それによって、企業が提供するものも変わってくるでしょう。

 

 

インスタ映えという言葉からもわかると思いますが

消費者は食事だけでは価値が満たせなくなってきているということです。

食事している風景や料理を写真に撮りインスタにアップして

そこから得られる共感やいいね!が彼らを満たす本質になってきています。

 

 

それらの承認や共感を得られる【 実感や体験 】

企業は提供しているということ。

 

 

この傾向は平和だからこそ訪れるのだとも感じています。

 

 

この日本で、命の危険にさらされることはまずありません。

明日食べるものがなく生きるか死ぬかの

瀬戸際で毎日を暮らしている方もほとんどいません。

 

 

戦後からの高度成長によって

僕たちは多くの恩恵を受けて生活することができています。

 

 

豊かな国だからこそ、僕たちは

次の価値を求めるようになっているのだと

次の価値を創り出せる時代なんだと

そう感じて止まないのです。

 

 

目に見える商品の時代はもう終わりました。

 

 

次は目に見えない価値を商品化する時代です。

 

 

この日本という国は

生きようとしなくても生きていける国なのです。

 

 

だからこそ、その反面として

人々は【 生きている 】という実感が欲しいのだと

僕は思います。

 

 

この実感を伴った体験こそ

今人々が求めている価値なんだと

僕は思っています。

 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!では

この実感と体験をベースとして

クライアントの求める人生を共に実現に向かってサポートする

まさに、今の時代に必要とされているビジネススタイルが学べる場所です。

 

 

12期福岡の説明会も残すところ4回

少しでも興味のある方は説明会にお越しください!

 

>> じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

では、また。

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^

じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧