ブログ

ブログ

人間関係において最も大切なこと

From:堀内博文

 

 

『コミュニケーション』と聞くと

 

どんなことを思い浮かべるでしょう?

 

 

多くの場合

 

人間関係においての関係性など

 

人との関わりをイメージするかと思います。

 

 

僕は

人間関係は、人生の中で最も大切なものだと思っています。

 

 

僕たちの日々感じている悩みは

根本を辿ると、全て人間関係から生まれています。

 

 

なぜ、人間関係から悩みが生まれるのか?

 

 

それは、、、

 

 

 

 

コミュニケーションには必ずズレが存在しているからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

相手が伝えている『真意』をしっかり汲み取ることができ

受け取ることができると

ズレはかなり少なくなっていきます。

 

 

ですが

物事の『受け取り方』は、人によって違います。

 

 

ですので

相手が本当に伝えたいこと

言いたいことの『真意』を汲み取れたとしても

100%は理解することはできません。

 

 

ただ、汲み取れれば汲みとれるほど

関係性は深まるでしょうし

相手は

 

「あ、この人は私のことをわかってくれている人だ」

 

という感覚を抱くものです。

 

 

これが簡単にできれば

コミュニケーションのズレはほぼなくなるのですが

なかなかそうさせてくれないものがあります。

 

 

それは

自分の心の中にある『正直な思い』です。

 

 

『正直さ』を生きた体験がある方はわかると思うのですが

 

正直になることは人にとって怖いものです。

 

 

『正直さ』にはリスクが伴います。

 

 

例えば

 

「人から嫌われるんじゃないかな…」

 

とか

 

正直になることで

 

自分の大切なものを失ってしまうかもしれない…

 

という思いが無意識に働いてしまって

 

正直になれないという状況が創られたりします。

 

 

この正直な思いを出せていれば

相手の心に響き、伝わるので

『真意』が伝わりやすいのですが

 

正直になることはリスクが伴うので

多くの場合、無意識に避けてしまいます。

 

 

そして

正直になっていない気持ちが自分の中に溜まってくると

いつか爆発してしまい、その後急激に凹んでしまったりとか

 

正直な気持ちで嫌なことを感じている自分がいると

その自分を否定してしまい

どんどん落ち込んでいったりしてしまいます。

 

 

心に正直になっていない気持ちが

溜まっている時というのは

 

周りからの言葉を

 

『自分を肯定するための材料』

 

として

 

受け取ってしまいます。

 

 

「自分は正しい」

 

とか

 

「自分は悪くない」

 

などですね。

 

 

そういう風に受け取っていってしまうので

 

相手の『真意』を汲み取ろうという思いが

 

自分の中から全くなくなっていってしまうんです。

 

頭では

 

「何が言いたいのかちゃんと聞こう」

 

と思っていても

 

心がそれを否定して邪魔してしまいます。

 

 

この状態にある時

自分自身が辛いのはもちろん

相手も気持ちが伝わらないので辛いものです。

 

 

この状況を抜け出す唯一の方法は

 

 

『正直になること』

 

 

これだけです。

 

 

もし今あなたが

 

コミュニケーションにおいて

何か行き詰まりや不満を感じているのであれば

自分の心に聞いてみるとよくわかります。

 

 

自分のどんな想いを伝えていない?

 

本当は何を解ってほしいと思ってる?

 

 

 

 

あなたの人生には価値がある
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

若手起業家、または起業を目指す20代を中心に、
ビジネスでの結果を約束するResult Business Producerとして活躍していたが、

『自分の命の使い道』を
『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、

現在はMission Leades Academy主催者としてさらに活動の場を大きくしている。

 

彼の主催するMission Leades Academyからは、多くのミッション・リーダーが生まれ続けている。

> 堀内 博文 の記事一覧