ブログ

ブログ

自分の殻から抜け出せていないのであれば相当危険です

From:堀内博文

 

 

 

「私はこれだけやっているのに、誰も私のことをわかってくれない….」

 

 

「こんなに辛い思いをして頑張っているのに…」

 

 

人はよく、辛い時

心の中でこのような思いを感じていて

面には出さないものの

心の中で、つぶやいて

外に出さないことで、自分の中にどんどん溜まっていき

寂しくなったりして、自分を大切にできずに

自分のルールを破ってしまったり

怒りとなって現れた気持ちを

誰かにぶつけてしまったりしてしまいます。

 

 

そして

そんなことをしてしまった自分を

 

「なんでこんなことをしてしまったんだ…」

 

とさらに自己否定することで

さらに落ち込んで、自己否定の無限ループから抜け出せなくなっていくんです。

 

 

 

自己否定をしている時というのは

多くの場合、自分では気づけていないんですね。

 

 

そして、自己否定をしている時というのは

自分のエネルギーもどんどん落ちて

物事に取り組むやる気もなくなっていきますし

自分の夢やいきたいところまで進むこともできない状況になってきます。

 

 

もちろん

自分ではそんなことを望んでいないにも関わらず。

 

 

そして、前に進めていない自分をさらに自己否定。

 

 

自己否定は、とんでもないエネルギーを持っていて

とんでもない無限ループです。

 

 

どこまでも続いていくので

自己否定を抜け出すのは

自分の力ではなかなか難しいものです。

 

 

開き直って、抜けたように感じる時もありますが

またしばらくすると戻ってしまうのであれば

一時的に忘れようとしただけに過ぎません。

 

 

自分の力で抜けることはとても大変なので

 

ポイントは

 

『人の力を借りること』です。

 

 

どのように人の力を借りるのか?

 

 

まず、大切なのは

 

人のフィードバックを素直に聴くこと
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

この時に大事なのが

 

『自分のことは自分が一番わかっている』

 

という思い込みを無くすことです。

 

 

人は

自分のことは自分が一番わかっている

と思っていますが

 

 

実際には、他人からもらう言葉や見え方の方が

真実に近い可能性がとても高いのです。

 

 

なぜなら

僕たちは相対性の世界で生きていますので

自分一人で自分のことを理解することは無理だからです。

 

 

ですので

周りから自分がどう見られているのか?

 

そのフィードバックを素直に聞くことが大切です。

 

 

そして

聴いた後に大切なのが

 

そのフィードバックを

 

素直に受け取ること
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ここがなかなか難しいのですが

これができると

自分の欲しい成果に簡単に進むことができます。

 

 

あなたの周りには

ポジティブなフィードバックも

ネガティブなフィードバックも

言ってくれている人が必ずいます。

 

 

もし

 

「いや、そんな人はいない」

 

と感じるのであれば

 

それはあなたが全く聴いていないだけです。

 

 

自己否定の状況を抜け出したいのであれば

 

 

まずは

 

自分の中だけに留まっているのではなく

 

自分の中に目を向けるところから

外に目を向けて

周りの人の言葉を素直に聴いて

受け取っていくことから始めてみると

少しずつ自己否定の状況から抜け出せるでしょう。

 

 

ポイントは

 

 

『素直に聴くことと受け取ること』

 

 

 

そもそも

あなたは何故、自分を否定していますか?

 

自分のどんなところを否定していますか?

 

それは、本当に自分を否定しないといけないことでしょうか?

 

 

 

 

あなたの人生には価値がある
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

若手起業家、または起業を目指す20代を中心に、
ビジネスでの結果を約束するResult Business Producerとして活躍していたが、

『自分の命の使い道』を
『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、

現在はMission Leades Academy Japan代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

彼が代表を務めるMission Leades Academy Japanからは、多くのミッション・リーダーが生まれ続けている。

> 堀内 博文 の記事一覧