ブログ

ブログ

環境が全て

 

From:葉山倖成

 

 

突然ですが

あなたは今、どんな環境に身を置いてますか?

 

自分の夢を叶えられるような環境ですか?

心を開いて自分を表現できる環境ですか?

 

『どんな環境にいるか?』

 

これって実は凄く重要なことなんです。

 

僕は環境が全てと言っても

過言ではないと思っています。

 

環境一つで人生は良い方向にも

悪い方向にも転びます。

 

今回は『環境が人生にもたらす影響』

 

ということをテーマに
お話させて頂きますね^^

 

まず最初に

環境が全て?どういうこと?

 

って思われた方も

多いかもしれませんね^^;

 


『環境がどんな影響をもたらすのか?』

 

分かりやすいように、

僕の体験談も含めながら

説明していこうと思います。

 

2年程前に、

僕はとある10ヶ月間の

リーダーシッププログラムに

参加していました。

 

その中で、最初に行われた

5泊6日の合宿の3日目

僕はこう思いました。

 

「このプログラムを辞退しよう…」

 

この時、

僕は本気で辞めるつもりでした^^;

 

なんで最初の合宿の時点で

そんなことを思ったのかと言いますと、

 

合宿の参加者の価値観があまりにも

自分の価値観と違いすぎたのです、、、

 

そんな環境はとても居心地が悪く

 

「この環境は自分のいる場所じゃないな」と

感じたんです。

 

これ以上、

ここで過ごす意味は無いなと^^;

 

価値観があまりに違いすぎて、

この環境では何も学べないという方向に

考えが向いていました。

 

しかし、このまま辞退したら、

本当に何も残らないと思い

「価値観が違うからこそ

 学べるものもあるはず」

 

そんな風に

考え方のフォーカスを変えました。

 

この環境だからこそ学べることや、

この環境でしか学べないことは無いか?

 

また、この環境に飛び込んだことは、

自分の人生にどんな意味があるのか?

 

自身の成長のために、この環境を

どうやって使えばいいのかと

問題を自分に向けました。

 

そして結局、僕はこのプログラムを

最後まで受講しました。

 

その中で得られたものは本当に

大きなものがありました。

 

人との関わりもより一層深くなり、

トレーナーとして一皮剥けたと思います。

 

講座の質もよりパワーアップしました。

 

そして、当時僕が

価値観が合わないと思っていた

参加者とは今でも連絡を取り合い

仲良くしています。

 

いやー、辞退しなくて良かった^^;

 

この経験から僕が学んだことは、

例えどんな環境でも自分の意識次第で

最低な環境にも、最高な環境にも

なり得るということです。

 

今、あなたはもしかしたら

自分の環境に不満があるかもしれません。

 

上司がもっとこうだったら…

部下がもっとこうだったら…

会社が、、、

夫が、、、

妻が、、、

 

そんな時は、自分が源に立って、

意識を変え、姿勢を変え

考え方を変えることで

 

最高の環境へ変えることが

できるかもしれませんよ^^

 

環境が変われば

その人の考え方や在り方生き方

基準や価値観も大きく変わります。

 

環境によってどんなあなたになるのかが

決まってくるのです。

 

だから、環境が全て

という意味なんです^^

 

そして、その環境を選ぶ、

または創るのは自分なんです。

 

環境が全てだからこそ

その環境は自分で選び、

創っていく必要があるということです。

 

自分の今与えられた環境を

誰かのせいにしていては、

問題を自分以外に向けても

現実は何一つ変わることはありません。

 

「この環境だからこそ学べることは無いか?」

 

これを自分に問いかけてあげると、

環境の見え方が大きく変わりますよ^^

 

それではまた。

 

人生に、こだわれ!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧