ブログ

ブログ

【葉山くん、あなたはクビです】葉山 倖成

みなさん、こんにちは!
株式会社OnLine葉山倖成です。


東京へ向かうため
福岡空港に来ています。

搭乗を待ちながら
このブログを書いています^^

 

《東京》


この街は私にとって
思い入れの強い都市です。

高校卒業後、
歌手を目指して
ホントにカバンひとつで(笑)
上京しましたし 

今の私の基盤となっているものは
東京で培った、と言っても過言ではありません。

東京での経験は
間違いなく今の私の基盤となっています。

 

今日から数回にわたって
私が東京で体験して学んできたことを
シェアさせていだきますね^^

 

本日のテーマは
「セールスの突破口となるです。

 

今でこそ
セールスは私が最も得意とする分野となりましたが
以前の私は、全くダメダメなセールスマンだったんですね。

当時の私が
今の私を見たら
さぞ、驚くことと思いますし、

タイムマシンで
「お前はやがてセールスをチャンスに人生を転機させる!!」
と、仮に伝えに行ったとしても
信じてもらえないでしょう^^

 

ここで1つ
大切なことをお伝えいたします。

 

人生において
ネガティブな経験が
自分という人間の価値を大きくする

ということです。

22歳のとき
美容関連会社に就職し
営業をしておりました。 

その時のエピソードです。

 

「葉山くん、あなたはクビです!!!」

 


shutterstock_106864472

 

表題のこのセリフは
当時、社長に言われた一言です。

葉山青年、23歳。

みなさんがもしこのようなことを言われたら
どう思いますか??
どんな感覚になりますか??

 

私はですね

クッソーーーー
絶対見返してやる!!!!!

なんてことは
これっっっっぽっちも思わず

 


正直、ホッとしたんです。
^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

お前はクビだ、と言われて
安心したんですね。

(あ〜〜コレで営業辞められる!!)

みたいな。

 

いや〜、お恥ずかしいですが
の社員です^^;

営業職に就いてすぐは
訳も分からずやっていたにも関わらず
そこそこ数字を上げることもできていたのですが
ある日を境に
全く契約が取れなくなりました。

話せど話せど
全く売れない…

完全に嫌になっていました。

 

心のなかでは

(俺、別に営業がやりたいわけじゃないし)

(別に売れなくても死にはしないし)

(誰かが代わりに売上立ててくれてるし) 

そんなことばっかりが
心のなかで繰り返していました。

書いていて恥ずかしくなりますね^^;

 

そして、ある時 

社長からみんなの前で
「今月100万円の売上を
立てられなかったらクビにします。」

と、クビ勧告されました。 

ちなみに、この100万円という売上ですが
個人が1週間〜10日間でクリアできる
会社としても最低ラインの数字でした。

その猶予を1ヶ月いただいたんです。

(マジか……) 

(まぁ、100万円ならクリアできるか…) 

と、軽く考えていましたが
結果はクリアならず…

当然、

「クビだ!!!」 

と、言われたわけです。 

さらに… 

その翌月社員旅行(ハワイ)があったのですが
私は連れて行ってもらえませんでした(笑)

 

いやぁ〜、今となっては笑い話です^^;

 

では、実際にクビになったのか?
というと、実はそうではなく
営業から経理に回されました。 

領収書の整理
データ入力
税理士さんとの打ち合わせ
など、業務内容は全く変わりました。

そうやって半年ほどだった時
私が営業に戻ることになった
出来事がありました。

この時の経験が
今の私のセールススタイル確立させていると言っても
過言ではありません。

 

一体何があったのかというと……

 

おっと、
搭乗の時間となりましたので
また明日この続きをお届けいたしますね!

ではまた!! 

 

人生にこだわれ ! !
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

葉山倖成

 

 >>セミナー開催情報はこちらから(クリック)