ブログ

ブログ

ほかの誰でもない、あなたの幸せとは?(後編)

Fron: 渡邉愛

先週は、
《 あなたの幸せをつくる”Must have” 》
についてお話をしました。
>>https://shiraishikeiji.com/blog/4149/

今週は、
どんな自分で在ったら
そのMust haveを手にすることができるのか?

について、お話をしていきますね。

結論から言いますと、
Must haveを軸にして生きていく為には、
Must haveを得るのにふさわしい
<セルフイメージを持つこと>
です。

このセルフイメージとは、
「自分を自分でどのように定義しているか?」
ということで

例えば、
「わたしは明るい人間だ」とか
「わたしは優しい人間だ」と言ったものです。

ところが、このセルフイメージには2種類あって、

<思っているセルフイメージ>
<信じているセルフイメージ>

があります。

<思っているセルフイメージ>とは、
自分で認識ができている自分の定義であり
<信じているセルフイメージ>とは、
自分では認識できていない自分の定義です。

イメージで例えると

<思っているセルフイメージ>
海から突き出した氷山の一角、

<信じているセルフイメージ>
海面より下の氷山の見えない部分です。

諸説色々ありますが、
<認識できている自分>
<認識できていない自分>の割合は

1:20000と言われています。

つまり、一人の人間の中に
<1人の自分><20000人の自分>
いるということです。

自分のMust haveにふさわしい
セルフイメージを持つとは
この20000人の自分の定義を
確立させるということです。

よくこんなことを仰る方がいます。

「幸せになりたいなぁ」

みなさんも、もしかしたら
一度は口にしたことがあるかもしれません。

幸せになりたい…

この潜在心理とはどういうものなのでしょう。

幸せになりたい、ということは
<今は幸せではない>
と言っていることと実は同じなんです。

頭では
<幸せになりたい>と思っていても
潜在意識は
<幸せではない>と認識をしているのです。

つまり、20000人の自分は
「私は幸せではない人間である」
と定義しているのです。

そして、その20000人の自分は
自分の定義を維持するために
物事を考え、選択し、行動を促しています。

その働きがあるがゆえに
頭では「幸せになりたい」と思いながらも
なぜか、苦労する方へ、問題が起きる方へと
自分を導いてしまっているのです。

そうすると、なおさら
「幸せになりたい」という願望は強くなります。

そして、ますます
「自分は幸せではない」という定義を
深めていってしまうのです。

では、どうすればいいのか?

その方法は、いたって単純です。

隠れたセルフイメージを知り、選択を変えていくこと。

隠れたセルフイメージを見つけるには
<現実を見ること>です。

今のあなたの現状が、
<あなたの隠れたセルフイメージそのもの>
だからです。

「私は魅力的だからすぐに恋人ができるだろう」
と思いながらも
なかなか恋人ができないという状況が続いているなら
「私には魅力がないから恋人ができない」というのが
あなたの隠れたセルフイメージかもしれません。

今の現実をただ冷静に見て
隠れたセルフイメージを書き出してみてください。

もしかすると
隠れたセルフイメージが
自分が望んでいるものとは真逆で
がっかりしてしまう方が
いらっしゃるかもしれません。

でも、落ち込む必要はありません。
気づいたら、認識ができるので、選択ができます。

そう、「選択」を変えていけばいいのです。

現実がうまくいっていない人は
「うまくいかない選択」をしているのです。

”Must have” を持った自分ならどうするか?
という基準で考え選択を変えていきましょう。

セルフイメージを書き換える方法も色々ありますが、
その前に「隠れたセルフイメージ」を
知っておいて欲しいなと思います。

あなたの隠れたセルフイメージは何ですか?

どんな自分で在ったら
そのMust haveを手に入れられますか?

ほかの誰でもない、わたしを生きる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

自分自身、経営者である経験から、同じく経営者であるクライアントの苦悩をビジネス、プライベートの両面から紐解き、解決していく『経営者専属のエグゼクティブコーチ』という顔、

そして『女性である』ということに喜びと誇りを持ち、『女性としての美しい自立』を促す『女性のLifeデザイナー』という2つの顔を持つプロフェッショナルコーチとして活動中。

表立って宣伝、告知をすることなく、その噂は口コミで広がり、紹介に次ぐ紹介でクライアントは後を絶たない。

> 渡邉 愛の記事一覧