ブログ

ブログ

苦手なことを克服するには『慣れ』と『できるまでやる!』の精神

From:佐藤 晋也

暑い日が続きますね。

少し前に猫を飼い始めたのですが、

一日中クーラーの聞いた部屋で
私より快適に過ごしています ^^;

 

さて、先日の話なのですが、

『ビデオカメラの前で話す』

という仕事をしてきました。

 

撮影

 

具体的にはビデオ教材の作成
なのですが、

いや~、ビデオ相手に話すって、
なかなか難しいものですね ^^;

人前で話すより
とんでもなく難しかったです。

 

言ってしまえば
ただ単に慣れてないからという
だけなのですが、

最初の撮影日なんて、

昼過ぎから翌朝の午前7時まで
ぶっ通しで撮り続けて、
結局一本も撮れず…

己のあまりのできなさ加減に
吉野家の朝定食も
喉を通りませんでした ^^;

 

とは言え投げ出すことはできないので
半分仕方なくまた撮影に臨んだのですが、

これがなんと、

前回よりちょっとだけ
上手くなっていたのです!

そしてその日はなんと、

一晩で8本の動画を取り終え、
そこから8本全て編集し終えて
帰路に着くことができました。

その日も昼過ぎから始めて
翌朝5時30分くらいに帰宅したのですが ^^;

 

そしてその2日後…

また8本撮影&編集をしたのですが、

その日は夕方から始めて
夜中の3時には帰り着くことができました。

そしてこの頃にはなんと、
自分で分かるくらい

カメラの前で喋るのが上手になっていた

のです。

それどころか
今ではめちゃくちゃ得意です !

おかげで苦手なことが
ひとつ無くなりました。

量は必ず質に転換する

『量は質に転換する』
という言葉があります。

分かりやすく言うと

『量をこなせば上手くなる』
ということなのですが、

私は

大体のことは慣れで解決できる

と思っています。

 

ヒーロー

 

それはセールス然り、
ライティング然り、

今回のように『話す』ということも
そうなのですが、

『今、苦手なこと』って、
単に慣れていないだけだと思うのです。

『慣れるほどやってないだけ』
と言い換えることもできるでしょうか。

そしてその

『苦手なこと』

のせいで、

いろいろと不自由していることも
少なくないんじゃないかな?

と思うのです。

『できるまでやる!』の精神が苦手をなくす

思い起こせば
私もほんの数年前は
セールスが苦手でたまりませんでした。

というか、
できれば避けて…

いや、本音を言えば

『絶対したくない』

と思ってましたね ^^;

 

だってですよ!

もしかしたら嫌われるかもしれないし、
売り込みだなんて思われたく
ないじゃないですか?

まぁ今となっては
セールすると嫌われるなんて
微塵も思っていませんが、

というより
『I LOVE SALES』で
セールス自体を楽しんでいますが、

『なぜ?そうなれたのか?』

を振り返ってみると、
やっぱり『慣れたから』の一言に
尽きると思うのです。

 

別の件でいきますと、
私はゴリゴリの人見知りですし、
内向的で引きこもり気質、

ですから『人前で話す』なんてことも
避けて通りたいことだったのですが、

明後日から二日間、
大阪でセミナーをしてきます。

というよりここ2~3年、
月に数度はセミナーが入っています。

 

おかげで人前で話すことにも
慣れました。

 

私が大事にしていること、それは

『できるまでやる!』の精神です。

 

人のやる気を奪うものって
『上手くいかないかもしれない…』
という疑いだと思うのです。

しかし

『できるまでやる!』

という気持ちで取り組めば、

できるまでやるので
『上手くいかないかもしれない…』という
疑いから開放されるし、

そうこうしているうちに慣れて
いつの間にかできるようになっていると、
そう思うのです

 

『慣れ』って本当に偉大です!

どんなに凄そうに見える人も、
何だかんだ言って、

そのことに対して私より慣れている

ただそれだけなんじゃないかと
そう思うのです。

 

『大体のことは慣れで解決できる』

そう思って取り組むと、
本当に楽ですよ!

 

あなたにしか、できないことがある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

じぶんブランド革命プロジェクト!

セールスマスタリープログラムDVD

 

 

 

NLPと催眠療法、Wのトレーナー資格を持つ他、世界基準のコーチング資格も有する。

人間の心理に対して深い造詣を持ち、人の感情や行動原理に基づいた独自のストラテジーで株式会社OnLineの屋台骨を支える。

マーケターとして12年、プロフェッショナル・コーチとしては6年の実績を持つが、その全ての期間を会社に属さず個人で渡り歩いてきた『叩き上げの現場の人』。

座右の銘は『神仏を尊び神仏を頼らず』。

いついかなる時でも己を信じ、歩み続けることで、欲しい未来は手に入るのだと、心から信じている。

 

> 佐藤 晋也の記事一覧