ブログ

ブログ

フィルター・リスニングとは①

 

From:葉山倖成

 

先日のブログは

読んでいただけましたか?

 

今回はその続きとなりますので

ぜひ、まだの方は御覧ください^^

 

>>> https://shiraishikeiji.com/blog/8021/

 

フィルター・リスニング

つまり、フィルター分けしながら

相手の話を聴くということなのですが

 

僕は大きく分けて

4つのフィルターを通して

相手の話を聴いています。

 

そもそも、なぜフィルター分けをするのか?

 

それは、相手のWANTNEED

聴き分けるためです。

 

相手が欲していることであったり

相手が必要としていることというのは

表面化しにくいものです。

 

相手は話したいことを

《聴いて欲しい 》という欲求と共に

潜在的に欲しているものを

共有して欲しい、共感して欲しい

気付いて欲しいと思っているものです。

 

同じ話を何度も繰り返すのは

潜在的な欲求を満たされていないことが

根底にあるのです。

 

だからこそ、何度も何度も

同じ話を繰り返して《しまう 》のです。

 

そのような背景があるために

フィルター分けをして

WANTとNEEDを聴き分けているということです。

 

では、4つのフィルターとはなんなのか?

 

本題に入っていきたいのですが

この内容はじぶんブランド革命プロジェクト!に

参加された方にお伝えしていることなので

ブログに書くこと自体、受講生には

申し訳ないなとも思うのですが

僕は多くの人に必要なことだなと

つくづく感じるので、今回書くことにしました。

 

人間関係の向上は

そのまま人生の充実度に直結していると

信じているので。

 

では、本題に戻りましょう。

 

4つのフィルターとは?

 

1.出来事

2.思いや願い

3.感情や状態(ステート)

4.信念(belief)

 

この4つです。

 

この中で、僕が真っ先に

フィルターを通して

あえて《聴かないことにしている 》ものがあります。

 

それが何か?

お分りいただけますか?

 

それは、、、

 

 

 

 

1の出来事です。

 

僕は出来事の話は

あえて聴かないようにしています。

 

え???聴かないの??

 

それって人の話を聴いていないことと

同じことじゃないの??

 

と、思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

そうですね、確かに

出来事の話を聴かない限り

内容が分からないわけですから

聴いていないことと同じとも言えるでしょう。

 

ですが、僕はこう思うのです。

 

人は出来事の話をしたいのか??

 

ということ。

 

昨日職場でこんなことがあった

上司からこんなことを言われた

旦那が最近こうなの

子供がいつもこうでね

親からいつもこんなことを言われる

昨日入ったお店でこんなことがあった

 

などなど、出来事というのは

毎日毎日起こっていることなので

その話がメインとなるのは

当然のことですよね。

 

ただ、ただですね

 

伝えたいのは、職場でこんなことがあった

というようなことなのでしょうか?

 

その出来事をきっかけとして

伝えたいことがあると思うのです。

 

顕在的にも潜在的にも。

 

つまり、出来事とは

起因ということ。

 

それがきっかけや引き金となって

自分の内部で起きたことを伝えたいのです。

 

ちょっと難しい話になっているかもしれませんが

最近あった僕の出来事の話をしましょう。

 

実はですね

隣に住んでいる方の子育てがまぁ酷いのです。

 

朝7時ごろから

子供を怒鳴りつける声が聞こえてくるのです。

 

しかも、お母さんが怒鳴りつけている。

 

その言葉はここでは書けないほど酷いものなんです。

 

「あんた、自分がどれだけ最低のことしてるか分かってんの??」

みたいな感じです。。。

 

アイデンティティ傷つきまくりですよ。

 

そのお子さんはというと

小学校にあがったばかりくらいの女の子です。

 

その女の子は

朝から泣き叫んでいるんですね。

 

僕はその光景を横目に感じながら

児童相談所に連絡した方がいいのかな?

それとも、直接隣に行って話した方がいいのか?

でも、それだと人ん家の教育に口出すようで気がひける…

管理人に伝えたらいいのか?

 

数日悩まされました。

 

では、ここでいう出来事とはなんでしょうか?

 

・隣のお母さんが娘を怒鳴りつけている

 

ということですよね?

 

では、僕は隣のお母さんが娘を怒鳴りつけている

ということを伝えたいのでしょうか?

 

そうではない、ということは

なんとなくでも、お分りいただけると思います。

 

あくまでも起因ということですよね?

 

その出来事を通して

伝えたいことがあるはずなんですね。

 

なので、僕は

出来事はあえて聴かないことにしているのです。

 

では、何を聴いているのか?

もっというと、そのことから何を

《感じているのか? 》というのが

次のテーマになります。

 

では、次回は

僕の出来事を元に

残り3つのフィルターについて

お話しさせていただきます。

 

お楽しみに!!

 

では、また。

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

実践的にこのコミュニケーションを

身につけたいのであれば

ぜひ当プロジェクトにご参加くださいね!!

 

まずは、説明会から

詳細はこちら>>> 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧