ブログ

ブログ

頑張り過ぎてる時って、不健全な努力をしてるかも?

 

From:葉山愛

 

「頑張ること」
「努力すること」

 

とても大事なことですが、

頑張ることで
自分を傷つけて疲弊してしまったり
犠牲にしなくてもいいものまで犠牲にして
努力が空回りしている様に感じている時は

 

「不健全な頑張り方」

 

をしているのかもしれません。

 

 

「わたしはもっとできるはず。
もっとできる自分で生きていきたい」

この気持ちって、
とっても大切だと思うのですが

こういう時って
全然、今の自分のできることは見ようとしないで

<足りないもの、欠けているものを埋めようとするだけの努力>

になっていたりします。

 

もちろん足りない、欠けていると思っているのを、
足りている状態に努力して持っていこうとするのは
素晴らしいことだと思うのですが、

潜在心理で何が起きているかというと、

「足りない、足りない、足りない」
「欠けている、欠けている、欠けている」

って

「足りない」「欠けている」という事を自己暗示のように、
自分に言い聞かせてるようなものなんです。

 

実はこの努力の仕方って、
現実に成果が表れにくいんです。

 

なぜなら、強化されているのは

「足りないわたし」
「欠けているわたし」

ってことだから。

 

不健全な努力は、

自分以上の自分になろうとたり
自分以外の何者かになろうとすることにつながっていて、

本質的には
この自分ではダメだというふうに
<自己否定>を続けているようなもの。

 

 

どんな力の注ぎ方をしているのか?

ということを、客観的に見ることはとっても大切です。

<足りないもの、欠けているものを埋めようとする努力>

であれば、要注意!

 

本当に欲しいものは現実的な成果なのに
努力の方向性が違っているので

<頑張っても成果につながらない>

ということが起こってくる可能性が大。

 

その結果、
<自信>をなくしてしまう。

 

 

・頑張りながら(足りない、欠けているという自己否定)

・成果につながらず自信をなくす

・成果につながっても足りないわたし、欠けているわたしは強化され続ける

・自信をなくす

・自信をつけるためにまた頑張る(足りない、欠けているという自己否定)



このループが
<努力が空回りしている状態>です。

 

頑張れば頑張るほど空回りするなんて
こんなに悔しい現実はないですよね。

 

 

自分の望む成果を得たり、
望む現実を生きる上で必要なのは

<自分の潜在心理の状態を知ること>

 

 

 

「不健全な頑張り方」をしている時
あなたの大切な家族や友人、仕事仲間は
必ずあなたに忠告してくれます。

「あなた大丈夫?」と。

周りにいる大切な人たちの
声を聞くようにしましょう。

 

頑張りすぎてる時は、視野が狭くなって
自分を客観的に見られず
頑張りすぎていることを
なかなか一人じゃ気付けません。

だから、自分が今

<どんな心の状態になっているか見ること>

 

例えば、誰かを見返したいとか
コンプレックスを埋めたい
という思い出努力している時は

潜在的には、

「足りない」「欠けている」

を埋める事が原動力となっています。

 

もし、あなたのモチベーションが
誰かを見返したいとか
コンプレックスを埋めたい というものならば

 

そのエネルギーの注ぎ方が自分にとって

「それは本当に幸せなのか?」

自分に問いかけてみてください。

 

悔しさをバネにして頑張ることで
才能を生み出したり、
貴重な経験をすることもありますが
それを続けるのには限界があります。

不健全な頑張り方をしていると
自分が疲弊するだけでなく
周りの人間関係にもひずみが出てきます。

 

人から心配される時は、何か理由があるはず。

 

自分が健全な頑張り方をしているかどうかの
判断材料として

<周りから応援してもらえているか?>

というのも一つのポイントになると思います。

 

健全に頑張っている人は
自然と周りからも応援されてしまうと思うんです。

 

自分がうまくいかない理由は
<潜在心理の中にある>ということを
知って欲しいなと思い
今日のブログのテーマにしました。

 

弊社の講座の中でも
潜在意識のプログラムを扱っています。

ただいま東京で説明会を行っていますので
興味のある方はぜひご覧くださいね♪

>>https://goo.gl/Usqqpr

 

ほかの誰でもない、わたしを生きる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

 

自分自身、経営者である経験から、同じく経営者であるクライアントの苦悩をビジネス、プライベートの両面から紐解き、解決していく『経営者専属のエグゼクティブコーチ』という顔、

そして『女性である』ということに喜びと誇りを持ち、『女性としての美しい自立』を促す『女性のLifeデザイナー』という2つの顔を持つプロフェッショナルコーチとして活動中。

表立って宣伝、告知をすることなく、その噂は口コミで広がり、紹介に次ぐ紹介でクライアントは後を絶たない。

> 葉山 愛の記事一覧