ブログ

ブログ

自己否定してはダメ?そんなことはない!自己否定が人生を加速させる理由

From: 白石慶次

前回、
スピリチュアル系の学びの功罪について
お伝えしました。

今回の記事に目を通す前に是非ご覧くださいね。
>>http://shiraishikeiji.com/blog/4091/

自分を変えよう!
人生を変えよう!

という人たちがいますが、そもそも

============================
『変わらなくてはいけない』と
思うこと自体が、諸悪の根源でしょう?
============================

そうです。
その通り。
間違いありません。

あなたは変わらなくていい。
変わる必要なんてありません。

変わらなくてはならないと思うということは
それだけ自分の中に『ダメな部分がある』と
信じている証だから。

その『自己否定』がすべてを狂わせる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなたは、あなたのままで
不完全で完璧な存在である。



ステージ1をクリアしている人は
この『不完全な自分』を完璧に受け入れいています。
(ステージ1については前回の記事をご覧ください)
>>http://shiraishikeiji.com/blog/4091/

 

ありのままの自分を知り、理解し
その自分にOKを出すことができている。

そこに一切の自己否定が存在しないのです。

不完全だからといって

いじけたり
自己嫌悪になったり
落ち込んだり
人を羨ましがったり
人を攻撃することで自分を守ったり
自分の不完全な部分を必死に隠そうとしたり
言い訳したり
取り繕ったり
善い人を演じたり
自分を良く見せようとしたり
失敗を恐れて、できない自分を見たくなくて
挑戦することから逃げたり

・・・

こんなことを一切しないのです。

ダメな自分を否定しないのです。

不完全な自分を受け入れているからこそ
自己否定がなく、深い自己承認と
存在承認ができています。

これが< 健全な自己否定 >です。

健全な自己否定の例を挙げましょう。

ある人は、
子どもの時にいじめられた経験がありました。

彼にその時の体験を話してもらうと

『小学生の時、いじめられた経験があります。
きっかけは、いじめられっ子の味方をしたことでした。
私は弱い人を守りました。
結果的に今度は自分がいじめられることに
なってしまったのですが、私は自分の正義感を
曲げなかったことを誇りに思っています。
そして、いじめっ子たちは常に4〜5人のグループで
独りの私をいじめ続けました。
とても恐かったし、逃げたくなることもあったけど
私は逃げませんでした。
親や先生も味方してくれませんでした。
私は独りでしたが、それでも彼等に屈することなく
独りで戦い続け、負けませんでした・・・』

と。

これは彼の『記憶』です。
事実ではなく、記憶です。

僕は彼の話にとても違和感を覚えました。
『負けなかった』
という言葉に対してです。

だって、冷静に考えてみてください。

いじめっ子5人対1人で
負けなかったというのは
一般的に不自然でしょう。

事実をよくよく聴いてみると
それはそれは酷いいじめの内容で
一方的にやられていたのです。

つまり、事実は『負けていた』のです。

この人にとっては
『負けること = ダメなこと』
『弱いこと = ダメなこと』
『負けを認めること = 自分が弱いということを認めること』
になるので、『負けなかった』という
言葉を使い、記憶を改ざんすることで
都合良く解釈することで自分を守っている訳です。

勿論、本人は全くの無自覚です。

これが自己否定の状態です。

理解できますか?

彼は事実、負けているにもかかわらず

『負けてはいけない』と

負けている自分を否定しているのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この事を理解した彼は
『本当は負けたんだ』と
現実を受け取ることできました。

あの時、自分独りで精一杯戦って
抵抗したけれども、負けたんだ。

自分は弱かったんだ。

と、自己否定することなく
当時の自分を受け入れました。

一番嫌な自分を認めることが出来たのです。

その瞬間から
肩から力が抜け、強がったり、
頑張り過ぎたりすることがなくなり
本来の自分で自分らしく生きることが
できるようになりました。

いじめられた経験を
笑顔で話せるようになりました。
健全な自己否定とはこの様なことです。

自己啓発やスピリチュアル系の教えでは

「自分を大切にしましょう」
「自分を愛しましょう」

と言われますが

自分の良い部分だけではなくて
一番見たくない嫌な部分もすべて引っくるめて
自分を認め、愛することではじめてバランスが取れます。

地に足をつけるとは、言い換えれば
< 陰陽のバランスが整った状態 >
であると言えるでしょう。

万物には陰と陽がありますが
それは「良い/悪い」ではありません。

僕達が勝手に解釈をしているだけです。

不完全な自分を認めるということは
自分の中にある「陰の部分」も認めるということです。

世間一般には
陰=悪いもの、ダメなもの
とされ、敬遠してしまいがちですが
決してそうではありません。

それは隠れた才能かもしれないし、
あなたの陰が、誰かの希望の光となる
可能性だって十分ありうるのです。

陰と陽を持ち合わせているからこそ
あなたは唯一無二の存在であり
素晴らしい価値があります。

人は「自分の人生の主人公」となって初めて
自分の人生をコントロールできます。

健全な自己否定は成長を加速させます。

あなたが一番見たくない部分はどこですか?

本当は上手く行っていないのに
上手く行っていると自分をごまかしている部分はどこですか?

あなたが目を背けてるところに
成長の種が眠っているんですね。

あなたにしか、できないことがある。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 


『稼げる個人』

を育成するスペシャリストとして、
年間120回の企業研修、講演、セミナー活動を行っている。

『ドクターが通う病院』ならぬ、『コーチのコーチ』としても全国的に有名で、彼のもとで学んだ『稼げる個人』が全国で数多く活躍している。
また、クライアントには有名著者も多い。

2001年、大学卒業後、地元福岡のシステムコンサルティング会社に入社。
IT分野のコンサルタントとして、コンピュータシステムの設計・開発業務に従事する傍ら2005年より教育担当として、『主体的に行動できる人材の育成』をテーマに人材育成業務に従事。

また、2006年より、富士通ラーニングメディア認定講師として、富士通定期講習会及びオンサイト教育、新入社員研修の講師を担当する。
2008年に独立し、人材育成コンサルタント、および企業研修講師として業務を遂行。
一般企業のみならず、官公庁、医療法人、学校法人での研修実績を持つ。
2010年、世界№1の目標達成スキルを持つマイケル・ボルダックのもとで目標達成スキルをマスターし、現在は福岡のみならず、全国各地でセミナー活動を行いながら、個人の夢実現・目標達成をサポートしている。

> 白石 慶次の記事一覧