ブログ

ブログ

現実力量における3つの歯車と戦略⑦~じぶん軸~

 

From:葉山倖成

 

 

人生に何を望んでいいか

よく分からないんです…

 

 

これまでに何百人の人たちが

僕に伝えてきただろうか。

 

 

私、何をやればいいか分かりません。

自分に何が向いているか分かりません。

人生、迷子になっています。

何をすればいいんでしょう?

何から始めたらいいですか?

どうやったらやりたいことを見つけることができますか?

自分らしく生きるためにどうしたらいいですか?

 

 

数え切れない人たちから

このような悩みを聞いてきました。

 

 

どんな悩みにせよ

僕が一貫してお伝えていることは

たった1つです。

 

 

 

《 まずは決めること 》

 

 

 

自分の生き方に

正解も不正解もない。

 

 

あるのは、

自分が心から望んでいる選択(行動)かそれ以外かでしかない。

 

 

こうやって考えてみると

人生とはいたってシンプルなもののようにも見えてきますね。

ですが、多くの人が複雑化しているのも事実あると思うのです。

 

 

そして、自分が心から望んでいる選択の中で

最も僕たちを悩ましているものが

《 人生における方向 》ではないでしょうか?

 

 

自分がどこへ向かって進めばいいのか?

この人生で何を成し遂げればいいのか?

というような人生におけるテーマは

いつの時代も、どんな人でも1度は考えたことがあると思います。

 

 

そして、考えはするものの、その選択肢に頭を悩ませている人も

少なくはないでしょう。

いや、もしかしたら、ほとんどの人が

その選択肢を見つけられずにいるのかもしれません。

 

 

あなたは心から望む選択(行動)を

どれくらいしていますか?

 

 

・人の意見が気になって、なかなか決めることができない

・こんなことをしたら(言ったら)変な風に思われるかも…

・自分で決めてうまくいかなかったらどうしよう…

 

という方がいらっしゃいます。

 

 

前回のテーマでもある

人生の舵を誰が握っているのか?

という点でお話をさせていただくと

このような場合、自分の人生を他人が握っている状態です。

 

 

もっというと、方向性すら

他人が握っている状態です。

 

 

そうしたくなる、そうなってしまう気持ちもよく分かります。

 

 

自分のやっていることに自信を持つことや

自分のやっていることを信じることは

そんなに簡単なものではありません。

 

 

うまくいかないことや傷付くことだってあります。

 

 

ですが、ここを抜けない限り

本当に自分が望んでいる人生へと歩みを進めることは

とても難しいことでしょう。

 

 

そんな方に今のところ会ったことはありません。

 

 

 

では、なぜ他人に舵を握られていると

自分の望む人生へと繋がらないのでしょうか?

 

 

それは、

《 自分に嘘を付いている 》ことと同じだからです。

 

 

まさに今の自分がそうだな…

と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが

安心してください。

 

 

きっといつか違和感を覚えるときがくるでしょう。

 

 

本当にこのままでいいのか…

 

何か違う気がする…

 

 

このような違和感を覚えるときが必ずやってきます。

ですが、やってきたら《 チャンス 》なのです。

 

 

自分が自分にメッセージを送ってきている証拠です。

 

 

《 自分の正解を進め 》
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

と。

 

 

 

この声が聞こえてきたら

あとは《 決める 》だけなんですね。

 

 

決めるには勇気が要ります。

 

 

もし、この勇気が湧いてこなかったら

これまでの人生を振り返って欲しいのです。

自分の勇気を振り絞った経験が

1つか2つあるはずです。

 

 

・部活での経験

・家族との会話

・好きな人に告白をした

・言いにくかったことを伝えた

・就活

・人前に立つ

・発表する

 

 

などなど、振り返れば何かしら見つかるはずです。

 

 

それさえ見つけることができれば大丈夫です。

 

 

勇気がある証拠ですから。

 

 

 

そうやって決めて進む、そうするとフィードバックがきます。

うまくいったり、いかなかったり

そのフィードバックを活かしてさらに進むのです。

 

 

これは《 軌道修正 》であり《 否定ではない 》

この認識を履き違えてしまうと

また元に戻ってしまいます。

 

 

人生は行動→フィードバック→改善→行動

の繰り返しです。

 

 

ですが、方向性が定まっていない限り

このフィードバックを活かすこともできなくなってしまいます。

自分がどこへ向かっているのかが明確でないと

どう軌道修正すればいいか?分かるはずがないからです。

 

 

誰かに意見をもらったり、感じたことを伝えられたとき

もし《 否定されたのでは? 》と感じることがあったとしたら

それは方向性が定まっていないだけなんです。

 

 

もし、あなたが行きたい場所があり

そこに着くまでの道を間違えていて

誰かに道を尋ねたときに

「こっちじゃないよ!逆方向だよ!」と言われたら

否定された、と思うでしょうか?

 

 

教えてくれた人に対して

「あの人に逆方向って言われた!!」と

傷付いたり、悩んだり、相手を責めたりするでしょうか?

 

 

きっと、感謝するはずなんです。

 

 

なぜ感謝できるかと言うと

行きたいところが明確だからです。

 

遠回りせずに済んだ、これで無事にたどり着ける

そんな気持ちになってくるはずです。

 

 

これが方向性が定まっている証です。

 

 

自分の人生の主人公は

自分以外の何物でもない。

 

 

その主役の役柄や役割やキャラクターは

人から決められるものではないと

僕は心から思っているのです。

 

 

自分の望む人生の方向性を定め

そこへ進むと決めること。

 

 

これが《 じぶん軸 》です。

 

 

この《 じぶん軸 》が定まったとき

人は本当の力を発揮しはじめます。

 

 

もちろん、悩むこともあるでしょう。

だからこそ、自分の力が発揮されるのです。

 

 

じぶんブランド革命プロジェクト!では

このじぶん軸を持ち、保つ力を備えていくことも

目的の1つとして掲げています。

 

 

自分が望む人生を創っていくためにも

じぶん軸を定める力はとても大切です。

 

 

他人からの意見でブレることなく

人生を歩き始めることができたら

あなたの人生にどのような変化が訪れるでしょうか?

 

 

あなたが望んでいることは

あなた自身が一番よく分かっているはずです。

 

 

では、また!

 

人生に、こだわれ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

福岡・熊本・大阪・東京と都市圏を跨いで活躍する
才能育成 × 対人ビジネスのアウトスタンダー

30代の経営者・個人事業主を中心にクライアントが抱えているプレッシャーや
周囲からの過度の期待から解放し「本当に望んでいる現実を明確にし実現させる」
サポートを行っている。

じぶんブランド革命プロジェクト!では、1年間で300名を超える受講者に
起業家としてのマインド、スキル、コミュニケーション力をトレーニングし
約90%の受講者が全くのゼロからたったの3ヶ月でクライアント獲得に成功している。

潜在意識にアプローチする質問力の高さを持ち
その人が持つ優れた才能を引き出すことで
自己確立だけでなく、現実的な成果まで結びつける戦略に定評があり
彼の元へ足を運ぶ相談者は後を絶たない。

> 葉山 倖成の記事一覧