ブログ

ブログ

学び方が今後の人生を左右する

 

From:堀内博文

 

 

 

成功、成幸って

かなり前から言われているけど

そもそも成幸の定義って何でしょうか?

人によって、成幸の定義は違うと思いますが

『今よりも、もっとより良くなりたい』という

気持ちがあるからこそ

成幸を目指すのだと思います。

 

 

 

今日は

僕が思う、成幸に必要なことを書いてみます。

 

 

 

まず

成幸というと

色々な定義があると思いますが

 

 

僕は大きく分けて2つあると思っています。

 

 

一つは

 

 

『社会的な成功』

 

 

社会的成功というと

キャリアアップをしたり

年収を上げたり、目標を達成したりと

現実的なステージアップというイメージです。

 

周りの人から見ても

わかりやすく、周りの人から認められる

といったものだと思います。

 

 

簡単に言うと、外面ですね。

 

 

もう一つは

 

 

『人間的成功』

 

人間的成功というと

少し抽象的な部分になってくるかと思います。

 

自分のことを自分で心から認められている状態であったり

自立したマインドをしっかり持てていたり

他人を認められたりと

内面的なステージアップです。

 

 

周りから見ても

すぐにはわからないものですね。

 

社会的成功が外面に対して

 

人間的成功は内面です。

 

 

 

どちらも人生においてとても大切なことです。

 

 

この2つ、どちらも高めていくことで

成幸というところにいけるのではないか?

 

と思っています。

 

 

そして

どちらを高めていくにしても

とても重要なことがあると思います。

 

 

 

それは

 

『学ぶ力』です。

 

 

『学び方』といってもいいでしょう。

 

 

ここでいう『学び』とは

 

学校の勉強や資格の取得など

何か新しい知識を『外から』取り入れる学びではありません。

 

 

僕たちはよく

何か壁にぶつかったり

課題が出てきたときに、外から知識や情報を得て

乗り越えていこうとしがちです。

 

そういう教育を受けてきていますから。

 

 

ですが

成幸している人の特徴として

壁にぶつかった時などに

 

『外』に意識を向けるのではなく

 

『内』に意識を向けていることが大きなポイントです。

 

 

『外』に意識を向けていても

もちろん社会的な成功は手にできるでしょう。

 

 

ただ、人間的成功は

『外』に意識を向けてもなかなか手にすることができません。

 

 

どちらも高めていこうと思うと

意識を『内』に向けて学ぶことが大切です。

 

 

『内』に向けて学ぶとはどういうことなのか?

 

 

何か問題が起きたり、壁にぶつかったときに

 

「今までの人生に同じようなことがなかったか?」

 

と、これまでの自分を振り返ってみることです。

 

 

ここで意識を『内』に向けて振り返ることで

自分の過去の経験から、何かしらを『学ぶ』ことができます。

 

 

学ぶことができたら、自然と解決策が生まれてきたりするんですね。

 

 

この学ぶ力が身につくと

 

社会的な成功も人間的な成功も

 

どちらを高めていくにしても

圧倒的なスピードで高まっていきます。

 

 

学ぶ力が高まっていくと

壁がきたり、問題が起こったときに

 

「お、ここで何かを学ばないといけないってことだな。」

 

と捉えることができるようになります。

 

 

そうなることで

ピンチがチャンスに変わっていきます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

もし

今あなたが、何か壁にぶつかっているのであれば

 

それは何かを学ぶチャンスかもしれません。

 

 

そして

学んだ先には社会的にも人間的にも

成幸へ向かっている証しです。

 

 

さあ、今目の前で起きていることから

何を学ぶチャンス??

 

 

意識を『内』に向けてみると突破口が見えてくるでしょう。

 

 

 

 

あなたの人生には価値がある
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

じぶんブランド革命プロジェクト!

 

 

若手起業家、または起業を目指す20代を中心に、
ビジネスでの結果を約束するResult Business Producerとして活躍していたが、

『自分の命の使い道』を
『人を目覚めさせ本来の在るべき真の姿に導くこと』と定め、

現在はMission Leades Academy Japan代表理事としてさらに活動の場を大きくしている。

彼が代表を務めるMission Leades Academy Japanからは、多くのミッション・リーダーが生まれ続けている。

> 堀内 博文 の記事一覧