ブログ

ブログ

お客様の声:菊池 三枝子さん:じぶんブランド革命プロジェクト!

このプロジェクトに出会えたことが、本当にラッキーでした!

菊池 三枝子さん
(30代:会社員・東京都江戸川区)

 

甘い外見で、声も発言も独特で、
ビジネスライクに賢そうに振舞えないことに
悩んでいました。


営業至上主義の会社に勤めていたので、
会社不適合と感じていました。


とはいえ、転職したって同じだろうし、
そもそも転職したら、次は派遣か!?と
社会不適合に感じていました。


これまで、勝手に努力して、
キャリアも結婚もお金も
結果なににもならなかったなぁと
生きているのが恥ずかしい気持ちでした。


人生が迷子のような、
詰みのような感覚でした。


自分にはいいところたくさんあるのに、
人生敗北の結論が出てしまったような
人生に裏切られた気持ちでいました。


一方で、ずいぶん大人になった私は、
足るを知る、身の丈、飲み込む、
許すといった「負ける勇気」なるものを
身に着け、負け癖が付き始めました。


「自分のパターン」を感じました。


多趣味で感受性豊かなので、
人生充実しているようにも見える節も
ありましたが、
「自分の人生は充実している」と
納得するための言い訳でした。


10年ほど、いくら心を整えても
うまく眠れませんでした。


初めの8年くらいは
なんとなく悲しくて泣けてくる、
ここ2年は夜中に頭を殴られような
怒りのようなものに驚いて飛び起きていました。


毎朝目覚めては
自己否定
自分に呪いをかけ続けていました。


そんな時に、
こんなに苦しい思いをしてはいけない!
と奮い立つようなことが起きました。


成功していて、妬ましく思う友人が、
このプロジェクトに、いいね!をしたことで
私のFacebookに
「じぶんブランド革命プロジェクト!」が
表示されたんです。


私はフットワークが軽く、
何からでも学べる自信もあったので
説明会に行きました。


私の好きな本の一つに
「オズの魔法使い」があります。


オズは魔法使いではなく詐欺師なのですが、
その人が必要とする役を演じてあげます。


勇気や愛や知恵をほしがるライオン、
ブリキの木こり、かかしに
「既に持っているいるよ」と教えてあげます。


見ていて気持ちいいほどに、
自信を持って振舞います。


そして、説明会で
講師を見たとき
私は講師が詐欺師(※褒め言葉)に見えました。


私に必要なものをこの人は持っている!
と直感しました。


転職とか、一般的な副職・起業とは違う
オルタナティブな
未知の領域が開かれた気がしました。


自分のいいものがやっと使えるような
自分を助けられる予感がしました。


この出来事、直感が決め手で申込みました。


私がプロジェクトで得た成果として、
ビジネスは売上ゼロです。


ですが、それ以上に
自分の大切なものが全て戻ってきました。
想像以上に豊かでした。


10年以上眠れなかったのが、
今は毎日満足して安心して
寝ることができるようになりました。


講師の方やサポーターの方、
プロジェクトに参加した仲間を通して
「こうなれたらうれしい!」と
思える自分の目指す先が見つかりました。


これまでと質が全く違う基準で
行動できるようにもなりました。


自己否定せず、言い訳せず、
しっかりと自己承認しながら、
自分の価値を高めるためにもう一度、
自分の人生に心を開いて歩んでいます。


自信の有無など凌駕する
「在り方」を手に入れました。


「じぶんブランド革命プロジェクト!」は
想像以上のものでした。


いわゆる自己啓発セミナーは初でしたが
このプロジェクトに出会って、
参加することを決断できたらラッキー!
としか言いようがありません。


たくさん涙が出ました。
一言話すだけで。


それくらい自分の心に直通のプロジェクトでした。


全ての人に届くように、
本当によくできているし、
心から本気で関わり合います。


成果が出た人も、出なかった人も、
確実にそれぞれの価値が手に入ります。


受講する前に抱えていたたくさんの悩みが、
今はもう無いんです。


同じレベルで解決する感覚ではなく、
痛み、苦しみ自体が「止む」


こういう感覚です。


自分の時計が再び時を刻み始めるような、
そんなプロジェクトとなりました。


洗脳ではなく、お金目的でもなく、
意識高い系の勘違い講座でもない。


受講生が常に今を、
自分の人生を生きれるようにコミットしている
そんな講座でした。


この3カ月の人生の縮図の状態に
最も最高な言葉をかけて、走らせて、
最後は愛情と希望を包むような、
本当によくできたプロジェクトでした。


まだ私の中で、プロジェクトは続いています。


ワンテンポ遅れているかもしれませんが、
日々、牛のように反芻して
いくら反芻しても、味が無くなることなく、
味わいが増していくような感覚で
歩みを止めずにいられています。


これからもよろしくお願いいたします。

>>セミナー開催情報はこちらから(クリック)