ブログ

ブログ

恥をかかないことで失うものとは?

 

 

From:葉山愛

 

 

みなさんは

「恥をかくこと」について

どんなイメージを持っていますか?

 

 

恥をかくのが好きという人は

おそらくいないでしょう^^;

  

  

私自身も、恥をかくことが嫌いで、

できるだけ避けたいと思って生きてきたように思います。

 

 

幼い頃を思い出すと

中学生の頃、かけっこが遅くて

運動会などで、その自分を見られるのを恥ずかしがっていたのを覚えています。

  

  

私にとって

< 走ること=恥 >でした。

 

 

 

振り返ってみると、

走っている自分を見られないでいいように

 

 

運動会前になると怪我をしてしまったり、

 

吹奏楽部のキャプテンだったので

体育祭で演奏しなければいけないから

リレーに参加できない、、、などなど。

 

もっともらしい理由を作って

走らないでいい状況を作り

恥をかくことを避けていました。

 

それぐらい私にとって

恥をかくことは恐怖だったんですね。

 

 

 

しかし、

 

” 恥をかかないようにすることで

失っているものがある ”

 

ということに気づいたんです。

 

 

それは何だと思いますか?

 

 

 

何を失っているかというと、

 

< 自分らしさ >< 可能性 >です。

 

 

ん???なぜ??

 

と思われたかもしれませんね。

 

 

何故かと言うと、

 

恥を恐れていると

新しいことにチャレンジできなかったり

 

「こんな事を言ったら笑われるかも」

「こんな事したら、変わってると思われるかも」などと

言いたい事を言えなかったり、自分らしく振る舞えない、、、

 

というようなことが必然的に起こってくるからです。

 

 

そして、

恥を避けていると、

自分が失敗することなく完璧にできると

わかっていることしかやらなくなるから

自分の可能性を開くことが難しくなっちゃうんですね。

 

この時代、

< 自分らしさ >や自らの< 可能性 >について

書かれている本や、セミナーなど世の中に溢れていますね。

 

それだけ需要があるんでしょう。

 

ということは、

 

今の時代、誰もが

< 自分らしさ >や自らの< 可能性 >を

大切にして生きていくことを望んでいるということ。

 

 

 

だけど、恥を恐れていると

無意識に真逆のことをしてしまっているんですね。

 

 

自分らしく生きられないことで

ストレスを感じている人ってすごく多いと感じます。

 

 

私はこれに気づいた時

 

恥をかくことよりも

< 自分らしさ >や< 可能性 >を失うことの方が嫌だ!

 

と思ったんです。

 

 

恥をかかない方を選ぶことで

< 自分らしさ >や< 可能性 >を失っていると気づいたら

 

「恥をかくこと」に対する意味付けも変わってくるのではないでしょうか。

 

 

恥の数はチャレンジをした数。

成長した量に比例します!

 

 

自ら恥をかきにいく。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こんな生き方、むしろカッコいい。

 

そして

こんな生き方ができたら、生きるのがとても楽だと思うんです。

 

 

生きる上で、避けたいと思うことが減るのですから(^^)

 

 

 

恥をかくのは

自分らしく生き、可能性を広げて楽しむためのスパイス。

 

 

恥をかくことを恐れない生き方をしていると、

可能性が広がっていき人生が広がっていきます。

 

 

 

恥をかくことに恐怖を感じたら

恥をかかないことで失っているものを思い出してみること、、、

 

 

ほかの誰でもない、わたしを生きる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

自分自身、経営者である経験から、同じく経営者であるクライアントの苦悩をビジネス、プライベートの両面から紐解き、解決していく『経営者専属のエグゼクティブコーチ』という顔、

そして『女性である』ということに喜びと誇りを持ち、『女性としての美しい自立』を促す『女性のLifeデザイナー』という2つの顔を持つプロフェッショナルコーチとして活動中。

表立って宣伝、告知をすることなく、その噂は口コミで広がり、紹介に次ぐ紹介でクライアントは後を絶たない。

> 葉山 愛の記事一覧